出逢いの教室 

将来に悩む学生のためのブログ。 人生を楽しんでいるオトナから実際に生で聞いたお話をみなさんの元へ。「こんな生き方もあるのか」そんな気づきのきっかけになればと思います。

「面白い」をかたちに! バラエティプロデューサー角田陽一郎さん

こんにちは!

 
 
本日紹介するのは、
バラエティプロデューサーの角田陽一郎さんです!
 
f:id:unic0:20170524234350j:image
 

角田 陽一郎(かくた・よういちろう)

バラエティプロデューサー

1970年千葉県生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒業後、1994年にTBSテレビに入社。TVプロデューサー、ディレクターとして「さんまのスーパーからくりTV」「中居正広の金曜日のスマたちへ」「EXILE魂」など、主にバラエティ番組の企画制作をしながら、2009年ネット動画配信会社goomoを設立(取締役)。

映画『げんげ』監督、音楽フェスティバル開催、アプリ制作、舞台演出、「ACC CMフェスティバル」インタラクティブ部門審査員(2014,15年)その他多種多様なメディアビジネスをプロデュース。

いとうせいこうユースケ・サンタマリアがMCを務めるオトナのためのインディペンデンス型トーク番組「オトナの!」を制作(2012年1月〜2016年6月)。「OTO-NANO FES! オトナの!フェス」を開催。

2016年12月31日付でTBS退社。

 

著書「最速で身につく世界史」「成功の神はネガティブな狩人に降臨する―バラエティ的企画術」「究極の人間関係分析学カテゴライズド」編著「オトナの!格言」。

水道橋博士のメルマ旬報」で毎月20日発行の”る組”にて『テレビの果てはこの目の前に』連載中。

「cakes」で、『世界はすべてバラエティになる』だいたい隔週連載中。

 

参照:BIOGRAPHY | 角田陽一郎

 

これまでに数々の番組の企画を手掛けております。
 
 
 
大学のゼミの活動として、
渋谷のラジオ『渋谷で角田陽一郎と』という番組に出させていただきました。
ぜひ聴いてみてください!
 
 
これからの教育や働き方についてお話をしました。
 
その中でも、とても印象に残った“助手席理論”という言葉。
 
 
“助手席理論”とは?
 
 
「助手席に座ると眠くなる。ドライバーは眠くならない。大学の講義で寝るのはみんな“助手席”に座っているから。違いは、自分がドライバーという気概を持っているかどうか。つまり、大切なのは人生のドライバーになること。全部ドライバーになるのは大変だから自分は何においてドライバーになるのかを考えよう。」
 
 
お話を聞き、とても腑に落ちました。
 
当事者意識の大切さ、、勉強になります。
 
 
「人生のドライバーになっているか?」
 
皆さんも一歩立ち止まって自問してみては、いかがでしょうか。
 
 
 
現場の雰囲気などそこでしか感じられない空気感を体感できました。ワクワク感が止まりませんでした。。
 
貴重な経験をプレゼントしてくださった
陰山先生、角田さんありがとうございました。
 
 
f:id:unic0:20170506065615j:image
 
 
 
本日も読んでくださりありがとうございました。